競売・公売の入札はプロにお任せください。

業界屈指!物件調査費無料サービス!!

安心のフルサポート!
お得な競売不動産にご興味ある方、お気軽にご相談ください。

落札できなければ手数料0円!

不動産の競売・公売って?

競売

競売入札代行不動産を購入した方(債務者)がローンを全額返済する前に何らかの理由で返済が滞ると、債権を回収するために銀行などの債権者はその不動産を「差し押さえ」て貸付金回収のため裁判所に競売を申請、そして裁判所が競売(公売)を行い、落札されると落札金が債権者に支払われるという仕組みとなっています。

落札された物件の所有権は落札者に移り、物件の引渡し完了後は自由に物件を利用することが出来ます。マイホームとして、貸家・貸室経営で家賃収入を得る、リフォーム・リノベーションをして転売し差額利益を得たるなど、自由に運用することができます。つまり一般の流通不動産を取得した場合との違いは一切ありません。

公売

国・地方自治体等、公の機関によって行われる売買のことをいいます。不動産も公売も数多く行われており、お買い得物件はもちろん、魅力的な物件が出てくることがあります。

東和ハウジングの競売・公売物件入札代行業務

競売・公売物件のメリット

  1. 不動産買取メリット競売物件の売却基準価格は、市場価格の40%~60%程度。
  2. 入札価格をお客さまご自身が決定できる。
  3. 一般不動産市場では探せない特殊な物件を入手できる場合がある。
  4. 仲介手数料が不要。
  5. 安く買えるので修繕やリフォーム・設備投資に資金を回せます。

競売代行手数料

落札代行手数料:落札価格の3%(税別)

※物件調査費無料サービス実施中!!

充実の安心サポート

  • 入札事務の代行
  • 入札金額のアドバイス
  • ご融資・住宅ローンの紹介
  • 占有者に退去通知・説明
  • 落札後の物件明け渡し
  • 落札後のリフォーム
  • 落札後の賃貸管理

競売代行の流れ

1.ご連絡・ご相談

物件のご希望条件をご連絡下さい。

2.入札物件の選定

お客さまと意見を交えて競売物件情報のご提供。ご希望に見合った物件のご紹介。入札物件の選定をいたします。

3.競売代行委任契約

弊社とお客様との間で「競売代行委託契約」を締結していただきます。※物件調査費として30,000円(税別)~をお支払いいただきます。なお、物件調査に着手した場合、返金はできません。

4.物件調査
  • 裁判所3点セット(期間入札の公告・現況調査報告書・評価書)および登記簿謄本の調査(情報収集)
  • 役所調査(市役所等の聴き取り調査/主に法令関係の調査)
  • 現地調査(物件の現況調査・現地および近隣にて聴き取り調査)
5.入札価格の検討

売却基準価格を基に、物件の将来性や実勢価格などを総合的に判断し入札価格を決定します。

6.入札・開札

入札に際し次のものをご準備ください。認印(シャチハタは不可)・住民票(個人の場合)・会社謄本(法人の場合)・入札保証金。開札日の午後位に、開札結果をご連絡いたします。

7.明渡し交渉

物件に占有者がいる場合、明渡し手続きのお手伝いや事務処理を当社がサポートします。※立退き費用、 弁護士費用等は実費の負担となります。なお、占有者に渡す立退き費用は、引越し代と引越し先の敷金程度が一般的です。

8.物件引渡し

すべての業務が完了。物件をご確認していただき、お引渡しいたします。代行手数料:落札価格の3%(税別)をお支払いいただきます。